私は仕事でで鬱になりました。

私は、システムエンジニアをしています。

仕事が多忙の為、朝は、5時半起床、帰りは午前様、休日出勤と労。働の疲れと睡眠不足でストレスがたまり、

パニック障害という病気になりました。

心療内科に通いながら、仕事をこなしていました。

パニック障害での発作を繰り返しながらも、仕事が第1と考え、体にムチを打ちながら頑張りました。

どれだけ頑張っても、次から次えと仕事が入ってくる状態で、パニックの発作とストレスで鬱になり

仕事に行けなくなりました。

朝、起きるのですが、起き上がれない状態になり、その事で休んでしまう自分に情けなさを感じていました。

仕事の方は、行けないので休止しました。

それからも、自分の中で仕事も行けないなんて男として情けない。弱すぎるという気持ちが取れませんでした。

処方してもらった薬を飲みながら、自宅でボーとしていました。

何もかも失った気持ちで、この先の事は、どうでも良いと考えている時間が長く続きました。

私は、何度か試した薬で鬱の症状がよくなって来ました。というよりも、自分に会う薬に出会ったんだと思います。

それからは、遠回りになってしまいますが、今までやれなかった事を沢山やって、心を満足させる事にしました。

お金を使う暇がなかったので、貯金はそこそこありましたので、心療内科で知り合った女性といろいろ調べて

病気に良い所にいろいろ行きました。

その女性は、仕事の過ぎでパニック障害になって、心療内科に通っていました。

話す様になり、お互いに病気を治す事にしまのです。

彼女も鬱に近い状態だったので、ドライブも病気をわかってもらえれいるという安心感で

どこえでも、行けました。

私は、鬱の症状が軽くなりました。

そんなこんなで、彼女と結婚しました。

今は、週に1度、心療内科に一緒に通っています。

私は仕事復帰し、お互いの事を支えながら頑張っています。

苦しかったけど、良い事もあったと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です